割礼とは

割礼という風習というか、宗教的な儀式を聞いたことがありますか?たまに海外の秘境などを特集するテレビなどを見ていると、割礼という風習がいまでもあり、それをすることで一人前になる、といったような番組を見ることがあります。
とある百科事典によると「男女の性器の一部を切除または切開する儀礼で,古くから世界各地で行われている。
現在でもイスラム教徒,ユダヤ教徒をはじめ,オーストラリア,アフリカの原住民の多く,ポリネシア,メラネシア,アメリカの原住民の一部において観察される。
割礼の目的については,衛生や性交における実利との関係を指摘する者もあるが,定説はない。
入墨や瘢痕(はんこん)文身,抜歯(オーストラリア諸族その他),小指の第一,第二関節から先の切断(アフリカ南部),耳たぶを切ったり,耳たぶや鼻の隔壁に穴をあけたりする慣習,つまり身体のいずれかの部分を切断,切除したり傷つけたり,髪の毛を一定の形に切ったりすることによって,他の人間に見えるような形で,その人間の身体になんらかの変化をもたらすような慣習(身体変工)と同じだと考えてよいだろう。」とあります。

いわゆる包茎手術のことを指すわけですが、日本人が抱いている包茎に対しての手術というよりも、宗教的な意味合いが強い風習とされています。

これらの風習はしらべると、包茎というものが悪ということではもちろんなく、それが成人男性への儀式として行われているということが色濃くあるようです。
Wikipediaで割礼について調べると「キリスト教徒が約8割を占めるアメリカ合衆国では、宗教との関連ではなく、衛生上の理由および子供・青少年の自慰行為を防ぐ目的などの名目で、19世紀末から包茎手術が行われるようになり、特に第二次世界大戦後、病気(性病、陰茎がんなど)の予防に効果があるとされ、普及するようになった。
これには、医療従事者に割礼を行う宗教(主にユダヤ教)の信徒が多く、包皮切除に対する違和感が低かったため、という指摘もある。
1990年代までは生まれた男児の多くが出生直後に包皮切除手術を受けていた。
アメリカの病院で出産した日本人の男児が包皮切除をすすめられることも多かった。
しかし衛生上の必要性は薄いことが示されるようになり、手術自体も新生児にとってハイリスクかつ非人道的との意見が強まって、1998年に小児科学会から包皮切除を推奨しないガイドラインが提出された。
これを受け、包皮切除を受ける男児は全米で減少してきているが、21世紀に入ってからもなお6割程度が包皮切除手術を受けている。 」とあり、このように宗教上の理由以外にも、衛生面を気にしたりすることがその目的になっている地域もあるようです。



※管理人特選サイト
真性包茎の治療や亀頭増大などの手術を行っている包茎クリニックです ・・・ 包茎クリニック

Copyright © 2014 割礼と包茎手術 All Rights Reserved.